指導方法が異なる|塾に通って良い成績を目指そう|将来の道を開く
女の人

塾に通って良い成績を目指そう|将来の道を開く

このエントリーをはてなブックマークに追加

指導方法が異なる

男女

勉強は基本を理解していなければ応用問題を解くことができません。学校でも基本問題から応用問題へと順番に習っていきますが、基本の時点で意味が理解できていないと勉強についていくことができなくなります。学校は団体指導を行っているため、生徒一人一人に勉強を合わせていくことができません。学校の勉強でできなかったところがあれば復習することが大切ですが、一人でできないときは塾で専門講師に指導をしてもらうと良いでしょう。塾では団体指導の他にもマンツーマンで学べる個別指導の体制を行っています。マンツーマンであればその都度質問をすることができ、講師もその生徒に合った授業を展開してくれるため、自分の勉強ペースを維持しながら学習を進めることができます。団体指導に比べて個別指導の塾は少し費用が高くなる傾向にありますが、その分勉強がはかどるので自分が学習したい指導方法を選びましょう。

塾では定期的に小テストなどもありますが、講師がその生徒に合ったオリジナルのテスト問題を作成してくれることもあります。個別指導なら学習を進めていくうちにその生徒の苦手分野や得意分野が分かるようになります。講師はその生徒の勉強レベルに合わせてくれるので生徒にとっても良い影響を与えるでしょう。またテストの後は丁寧に回答や解説をしてくれるので、解けなかった問題も次で解くことができるようになるでしょう。塾ではいつも指導をしてくれる人がいるので、分からないことがあればいつでも聞けるので問題解決がとても早いです。これから受験や期末試験に向けて勉強に取り組みたい人は塾の選択も考えてみましょう。